2017・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/10/09 (Sun) 夢バトン
最近とてもバトンだらけ(爆)

昨夜見た夢があまりにも濃かったので悟Pから夢バトン奪ってきました。
夢の続き見たさに寝過ぎました…。ああ。
1 小さい頃何になりたかった?

宇宙飛行士
東大生
JACに入って戦隊物の中の人

2 Q1の夢は叶いましたか?

頭も体力も足りなかった上若さが必要なので夢のまま終わる予定で…。

3 現在の夢は?

趣味関係で職業にできる物があれば。
どうしても物作り系からは離れられない気がします。

4 宝くじが三億円当たったらどうしますか?(熱く語って下さい)

一生生きていけるようにペース配分して使います(うわ熱くねぇ)
デザイナーズマンションみたいなのには住みたいかもしれません。
あとめちゃめちゃ旅行行きます。習い事しまくります。趣味に生きる!

5 あなたにとって夢の世界とはどんなもの?

一日の記憶を整理するものらしいですが。
居たい。居座りたい(何)
大きく別けてストレス喰らうか解消するかのどっちかです。
暴れてるのが多い。世界が大きいのが多い。天井がやたら高いのが多い。
直接でも運動でも頭脳でも戦うのが多い。破壊するのが多い(多分ストレス溜まってるとき)
てか他の人と夢を共有できる機械とか発明できないかな(え)
去年、小さい頃の夢の人物達に逢って「久しぶり」と言われとても泣いた。

6 昨晩みた夢は何ですか?

久々に起きても覚えてるのを2種。
てか二つ目、いらない長さです(遠)

[其の一]
何かの目的で親と飛行機で九州へ。
博多空港ってこんなところかぁと。
天井がすっごい高くて土産屋あって。
んで、駅を出たすぐ正面に西郷さんの像があって。
徹P八広P依織Pに九州来てるぜーと西郷像撮りたかったんですが、デジカメの電池無く諦め。
すん…ごい未練たらたらで西郷さんを振り返ってはホテルに向かい。
で、ホテルの食事中にデジカメちょっとつけてみたら電池あってですね。
くっそー!みたいな(ほろん)

デジカメ整理しなきゃってずっと思ってたせいですねコレは…。
つか地理歴史に疎い私が九州に西郷像あるってのを知ってたのに驚きです。
空港前には無いだろうけど(笑)

[其の二]
中華系か和風か…、どでかい門を入ったところの広場で。
今回は体力頼りないお前をリーダーとして採用してみるから特訓しろと。
はぁ!?冗談だろ!!と思ったんですが強制…。
山に強引に横幅広い階段が埋められたような、山駆け上がり賭け下がりコース。
高さは10階建てビル一山と続いて8階立てビル一山ぐらい(アバウト)
まあ案の定上りで遅れて。
でも下りで皆律儀に階段踏んでるのが横目に入ったので、よっしゃあ!と階段ざーっとスライディングして滑り降りました。
したらばいつの間にかダントツ一位(汚ぇ)
コレはルール外かと思いつつも二山目越えてゴール。

そしたら教官がじゃあ次はとか言いやがり(ほろ)
一周200mよりちょっとデカい印象のコースへ。
コースに沿って点々と皆を配置させて、長さ200m多分ギリギリ、幅10cmぐらいの訓練用紐を自分先頭で持たせて(ってかいつものように2・3番手につこうとしたら鬼教師に押し出された(…))
その紐の最後尾を、走って浮いた勢いで掴めというやつです。
走り出して即、こりゃ無理だバカヤロウ!(泣)な状態で…。
10m先ぐらいでヒラヒラしてるんです。皆内側の白線寄りで走れとは言ったんですが、いつまで走り続けろというんだ…。
と思ったらちょっと前の方でギャラリーの外人さんが掴んでくれて、ブーメランっぽく最後尾紐がこっちに見事に来たんですね。
思ったより結構な長さ来たんで、うっかり離した用心兼ねて歯で噛み掴んでおきました。
笛が鳴り終了。外人さん3人(どうやら観光客)も好意でやってくれたようで、どうも。

そしたら、はい、もう一本(案の定)
でもその合図が突然すぎて、っつかこっちの状況見ろよというんですが(涙)
紐噛んだまま走りしてですね!
ちょっと、待…!見たいな(この辺リアルな歯の浮きそうな痛み感覚が)(笑)
気付いてくれて笛でストップ。何してるんだと聞かれて、いやあんたの合図が無茶苦茶とも思いつつすんません噛んだままでした、と。
で、次の一本…は初めに同じく。
外人さんは良心でやってくれてますが、これじゃ訓練終わらね…(ほろ)

で、なんかコース中央にある陶器屋さんのなかにサボり逃げた(…)
店主が一人、のんびり座って店番してました。
入った途端、あれもしやココはって感覚があって。
ここならあるはずと、焦って左側地下の部屋に入り。
入ったところは皿とかなんですが、そこにはコップやら色々、茶色でデザインいい陶器の数々。
そして陶器に刻まれた覚えのある作者のサイン。
その人、さっきの偉そうな人の弟さんでまた偉そうな人物なんですが。
でっかい生魚の切り身(50cm×1・2mの刺身)を冷凍保存したものを売るという職人技の持ち主でして。
でも最近事故でその腕を無くし。細々と陶器職人やってる人で。
切なくて作品手にしてめっちゃ泣いた…。

夢ってその場じゃどれも本気だよなぁ(しみじみ)
てかこの陶器職人さんについては、以前夢で知ってる感じでした。

7 次に夢の話を見たい5人は

テイクフリーで!
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://7g.blog17.fc2.com/tb.php/59-1e130bff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。